同人誌を販売するには

同人誌を販売するには、個人で通販により販売する方法と、書店などに委託して販売してもらう方法や、コミケなどのイベントに参加して販売する方法などがあるので、自分に合った方法を選ぶようにして下さい。

行動力がある人の場合は、同じ趣味の人達が大勢集まるイベントに参加することもおすすめで、通販や委託販売などいろいろな方法を併用することで、かなりの売上を見込めるようになります。

イベントや個人で通販によって同人誌を販売する時には、自由に同人グッズのおまけを付けたり価格設定も勝手に変更できるというメリットがあり、書店などの専門業者に委託する場合は、自分で手間を掛けないで販売することができるという大きなメリットが生まれることになります。


同人誌・同人ソフト通販

同人誌とは同じ指向を持っている人達が一緒になって作っている本の一種になります。
個人や仲間だけで作った雑誌のことを言います。

本来は歴史上の詩人が作成していた文学誌が一般的でした。
夏目漱石が同人誌を作っていたというのは非常に有名な話です。

この同人誌というのはもともとの作品があり、その作品を自分なりにアレンジしたり、自分が理想とするストーリーに書き換える、というのが同人誌です。
ただし、ストーリーやキャラクター設定をそのまま利用してしまうと、著作権に触れることもあります。
そのため、しっかりと自分なりの作品にするということが重要ですよ。

そのことをしっかりと考えてみてくださいね。
単なるパクリになってしまわないように注意しておいてくださいね。

↓同人誌・同人ソフト通販のおすすめはこちら!
同人誌・同人ソフト通販の同人堂


同人誌・同人ソフト通販と買う場所

同人誌は買う場所によって、中身をしっかりと確認するようにしなければなりません。
一番良いのはコミケなどの同人誌即売会において同人誌を購入するというのがおすすめですよ。

このような場所で購入するのであれば立ち読みも問題ありません。
同人誌の中身をしっかりと確認した上で購入することができるというのは非常に魅力的ですよね。

次が同人書店で新刊を買う場合もあります。
この場合には本の内容を吸うページサンプルとして添付していることが多いです。

そのため、表紙を見れば大体の内容を確認することができますので、試してみてくださいね。
もちろん同人誌というのはプロの作品ではありませんので、内容が納得できないものであることもあります。
しかし、それは当然のことですので、覚悟しておいてくださいね。